2009年10月02日

若き等に交じり

遊さんです

近頃の日差しの心地よさは 嬉しいものです

 

あれは十余年前(年数が本当にはっきりしなくなりました)の

ことでしょうか 結さんにすすめられ付き添われて

漢字検定の会場に着きました

見渡せば 中高校生ばかり!  

高齢者は 白髪の男性が一人 女性は私のみの心細さよ

さあ 用紙に向かえば びっくりマークシートは 初めての

出逢いでした

持参の文鎮で押さえて 取り組みました

帰宅後 回答用紙と照らし合わせると 正答「日差し」を

「日射し」と間違えていましたが 級はとれていました

思い返せば 楽しい思い出です

 

昨日 読んでいた本では 「日射し」と有りましたが

何か 意味合いで使い分けるのでしょうか?

それにしても  主催者の最近の残念至極 何とも淋しい行為でした

 

   心もち 緑の淡くなった様に見える樹木への

   日差しの和やかなこの頃です

藍染め 花月

漢字のお話でしたので 藍さんからもらった

藍染め「月」と「花」を ご覧ください

テーブルセンターとして 置いた時に

どちらからも 字を楽しめるという柄です

「花」 「月」それぞれに 凝った模様ですね 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 16:30│この記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)短歌…詠んでみました 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 秋野もみじ   
遊さん
漢字検定のお話 私は経験が
ありませんが 会場の空気が
伝わりました

でもお若い方達よりも
漢字とのお付き合いの長い遊さんです
もの 無事の合格は 当たり前の
ことですね...

よいご経験をされましたこと
うらやましく 思います

漢字は一生の大切な友人のように
思われます


2. Posted by 遊さん   
秋野もみじさん
あの漢字検定の思い出は
今でも 鮮明に 覚えています
挑戦してみようかと思った
遊さん自身の気持ちが 何より
思い出深いのです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔