2009年09月15日

すずめも帰る

遊さんです

ようやく遊さんなりの動きをしても 汗をかかなくなり

なんと嬉しい頃になって!という思いです

 

それにしても 遊び呆けて雀が群れをなして 夕空に

飛んでゆく空を見つつ帰った子供の頃を ふりかえります

あの雀の大きな群れを 見られなくなりました

此の頃は どんなでしょうか  子供達は見ているのでしょうか

辻に立つ電柱のまわりは ふわふわ小指の先程の

白い虫がこれも大きなかたまりで たゆたっていたのが

思い浮かびます

あの虫の名前は何でしょう?

私達は シロッコと呼びました

「シロッコが出たから帰ろう 帰ろう」と 歌いながら

駆けていったものです

 

染まった夕空に何百かの雀が帰って行くのを見ながら

自家に走ったのは 本当に何でもないありふれた景色ですが

額にはめた遊さんの懐かしい絵でもあります

今一度 秋の夕空に似合うあの風景を 眺めてみたいなと

ふと思います 

ゆうがお

ゆうがお(よるがお)のお花が 開きました!!

結さんが写してくれたものです

 

 

藍さんです

ご無沙汰でした

藍さんも お花のお話を...

去年の今頃 庭に仲間入りしたイワシャジンが

咲き始めました

一年間 直射日光に当てず(山野草ですので)

椿の根元で 可愛がって育てました

ミニの縞葦と 斑入りの風知草の間で

薄紫の小さなつりがね形の花が 揺らいでいます

 

来年は 遊さんの庭に咲いてくれます様

出来たら 株分けしましょう

残念ながら お写真がないのです

どうぞ ご想像下さいませ

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 00:24│この記事へコメントを書く/見る(6)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 秋野もみじ   
遊さん 藍さん
お二人お揃いでいらっしゃること
お久しぶりですね

遊さんのすずめも帰る夕方の風景は
本当に 何度も見ている懐かしい絵の
ようでした

昭和のまだ穏やかな時代 心を預けられる
家族のもとへ「ただいま」と帰ることの
出来た良き頃ですね


藍さんのイワシャジンのお花は
どんなにか いとおしんで育てられたか
と 思います
見事に開花! お世話の賜ですね
2. Posted by 有賀 陶子   
遊さん

きれいな夕顔、見事咲きましたね。

貴重な写真有難うございました。

夕方に咲いて朝とじてしまうのですか。

ハート型の葉が可愛いくてなんて良い写真
と見とれつつ、もし、つぼむとしたら、どんな風に

あのねじり蕾に収まるのかと、

展開図は、折り紙で言ったら、どこが谷?山?

なんて思ってしまいました。

花びらの線がとってもきちんとしているので、

気になってしまいました。

お家で育てていると変化が楽しめますね。


藍さま

イワシャジンを育てていらっしゃるなんてびっくり

してしまいました。

苦労して登った山の途中で見た事があります。

やさしい空色(そうそう、うす紫)でとてもきれい

な、可愛いお花でした。

お庭で見られるなんてそれはぜいたくですね。

よく丹精なさって。

涼やかな風が渡ってくるようです。








3. Posted by 遊さん   
秋野もみじさん
拙いブログから 読み取って
下さりありがとうございます
藍さんにも コメントを
頂きまして 喜んでいます
また お越し下さいね
4. Posted by 遊さん   
有賀 陶子さん
そういえば ゆうがお(よるがお)は
一枚の布、一枚の和紙で作られたようにも
見えますね
陶子さんの鮮やかな感性に いつもながら
感心しております

藍さんのイワシャジン ご存知のようでしたね
藍さんは 植物も丁寧に 育てる人です
5. Posted by まつむし草   

遊さん 藍さん こんにちは

今日は お二人に お逢いできてとても嬉しいです

遊さん

夕暮れにすずめさんの帰る姿が目にうかぶようです

温かな 美しい景色を ありがとうございました

すずめさんは どこに帰ったのでしょうね

道端の背の高いこんもりとした木の下で

たくさんのすずめさんの 鳴き声を 耳にしたこと

ありました。。。もしかしたら。。。。

ゆうがおさん 咲いてくれましたね

暮れなずむ夕方の瞬間に なんと美しい姿なのでし

ょうか お写真の結さんにもありがとう

藍さん

今年もイワシャジンのお花が 咲かれて 嬉しさ

ひとしおのことと思います

藍さんのお花を愛しむお気持ち なんと優しく

広いことでしょうか

イワシャジン 来年は 遊さんに届きますように

季節の移ろう この頃

遊さん 藍さん どうぞお体を おいといください

ませ 
6. Posted by 遊さん   
まつむし草さん
遊さん藍さん揃いのブログを
ご覧頂けて 良かったです

季節の移ろいもさることながら
生きてきた「時」の移ろいを
静かに見つめています

藍さんの丹精こめたイワシャジンも
お目にかけたいですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔