2009年08月28日

お土産

遊さんです

長女の旅行でのお土産が とても嬉しかったので

書きます

ガラスです 

文鎮にするには惜しい気もしますが

適当な重さがあるので 読書の折に

私の言うことをきこうとしない文庫本の「押さえ」に

使うことにします(文庫本は頁を繰る毎 ハネマス

丁度若い頃よくハネた自分を思い出します)

夜は灯りにかざすと 見えなかったきれいな淡いパープルが

発色します

とても嬉しいお土産でした

ガラスの文鎮

美しい模様と 重量感が嬉しい文鎮です

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 05:28│この記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まつむし草   

遊さん

高く青い空に浮かぶ雲に 秋の気配を感じます

こんにちは

遊さんのお部屋にお伺いすると いつも ほんわり

温かな風を 戴きます ありがとうございます

なんと美しい色合いのガラス細工なのでしょうか

遠く宇宙のロマンを感じるお色 広く深い海の碧さ

をも感じ うっとりと眺めさせて頂きました

本当に 素敵なお土産ですね

素敵な読書の時間になられますね

秋への移ろいの季節

どうぞ お体を おいといくださいませ

またお伺いさせていただきますことを 楽しみに

いたしております



2. Posted by 遊さん   
まつむし草さん
ガラスの文鎮から 遠く宇宙にまで
思いを馳せて頂きました
文庫本の文鎮として最高のものです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔