2009年07月09日

古今集の小箱から 矢絣の小箱へ

遊さんです

先日作りました古今集の小箱の いきさつを

もう一度...

窓を見れば くもり空  

樹木の葉は そよとも動かず

小箱を作ろうと 涼しそうな流水の友禅紙を

探すも 思うものが 見つからず

ふと 思いついて 墨を磨り

拙さは無視して 古今集を 少し書いて

小箱に 貼りました...というわけでした

 

また 小箱を作りたくなりました

あらためて 友禅紙の柄を 見てみましたら

涼しそうな色の矢絣模様を 見つけました

矢絣といえば 昔の時代劇では 腰元が

よく着ていたことを 思い出します

遊さん 涼しげな矢絣小箱

 動きのある 流れるような 矢絣模様です

 葉書大と もう少し小さなものと..

 竹の取っ手は 藍さんが 切って削って

 送ってくれたものを 付けました

 藍さん ありがとう!

 

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 01:44│この記事へコメントを書く/見る(8)
トラックバック(0)和の小箱 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 秋野もみじ   
遊さん
手作りの小箱に寄せる思い
様々なのですね

一つ一つの小箱の作品は
それぞれの輝きを 放っている
ように 思われます

また 楽しみに拝見したいです
2. Posted by まつむし草   

遊さん

小箱さんが 遊さんの想いとともに

たくさんの姿に移ろい それぞれの姿を

見せてくださるのですね

とても 奥が深く 広がりを感じます

また ご姉妹の温かさを戴きました

いつも 素敵な世界をありがとうございます

これからも 楽しみにいたしております
3. Posted by 遊さん   
秋野もみじさん
私の作る小箱は その時その時の
気持ちも 映されているのかも
知れません

楽しみで作っているものですが..
4. Posted by 遊さん   
まつむし草さん

本当に 藍さんには 感謝です
すぐにも 取っ手として
使えるように 丁寧に
削って 送ってくれるのです

ひとつひとつ 微妙に形が
違う取っ手も ご覧下さいね
5. Posted by 有賀 陶子   
遊さん
きれいな小箱を見せていただきました。
わ〜っ、何を入れましょう。

「私、入れてくださる?」
「お願い、選んで!前々からあこがれていたの」
小箱の周りに、いろいろな物が集まってきたのが見えますね。

「・・そりゃ、夢だね、あっしなど、とってももったいなくて」なんて遠巻きにしている物もいますよ。

私も、箱は昔から好きで、
捨てずに取ってあるんですが・・。
引き出しのしきりにしたり、あまり目立たないところにいますね。
思い切って、きれいな紙を貼ってみましょうか。

遊さんのきれいな小箱を見せていただいたおかげで、夢が膨らみました。
有難うございました。
6. Posted by 遊さん   
有賀 陶子さん
小箱から 夢が広がり..
嬉しいですね

小箱の楽しみを どうぞ
7. Posted by マーブリー   
遊さんへ

いつも、楽しみに
素敵な小箱を
見せて頂いています。


今回の矢紋の文様、
本当に動きがあり、流れがあり・・・


どんなものを入れようかと
考えるだけで、わくわく
してきますね!

実物を見せて頂きたいです。
8. Posted by 遊さん   
マーブリーさん
いつも 小箱を見て頂き
ありがとうございます

小箱は 飾っておくだけの 
楽しみもあります

並べては にこにこして
おります

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔