2009年03月22日

iいつの間にか 春

遊さんです

先夜、長女からお月様が きれいだから

見ましょうという誘いが ありました

 

靴を履くのが億劫に思い 暗くなってから

外に出るのもと 明晩の満月を仰ぐからと

ことわると

明晩は曇りかも..と言われ 気持ちをとり直し

庭に出ました

 

本当は月を仰ぐのは 大好きなのです

美しい光りで嬉しく大満足しました!

 

案の定 翌晩は曇りで月も星も 窓から見えません

でした

(また私は 二月の高い空に 刷毛目の様に浮かぶ

欠けた昼の月を 仰ぐのも大好きです)

 

      短歌を 一首

 

おぼつかな 身を娘(こ)に寄りて 庭に出で

吾身草樹も 光りを受けぬ 


I緑長箱に黒地友禅紙

和菓子の入っていた細長い箱に

花文の友禅紙を 貼ってみました

 

 

 藍さんです

春になると 思い出します

お隣りとの塀の上に キビタキ(黄鶲)が 飛来して

曇ガラスに映る自分の姿に 好みの相手を

思うのでしょうか  

1m50cm位を 体当りをし また塀に戻って..と

4、5回繰り返して 飛んで行きます

 

ある日 勢いが強すぎたのでしょうか

下に落ちて動かなくなりました

そっと紙を敷いてのせ 後でお片づけをと 

思って居りましたところ いつの間にか

いなくなりました

脳震盪を 起こしたのでしょうか  良かった!

 

また やってきましたが   同じ鳥だったのでしょうか 

藍染め 桜

いっぱいの桜の開花を

思って...

桜の花たちを 藍染めにしました

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 18:13│この記事へコメントを書く/見る(0)
トラックバック(0)短歌…詠んでみました 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔