2008年10月10日

彼岸花  おばあちゃん子  そして作品

遊さんです

 

きょうは、彼岸花の思い出を...

 

連れ立って両手に余るほど 彼岸花を摘んでいると

早くなってきた夕暮れに  急に 心細くなって   長い土橋を

走り渡るのですが 足がおそい私は 何時も ビリ

その土橋の下には ヒゲボウボウの お乞食さんが 小屋掛けして

居たのです

 

遠くなった昔       今は 立派な橋に なっている相です



ポチ袋1


      こどもの夢模様の  ポチ袋を  作りました

 

  大正ロマンのような柄、 鹿の子の麻のは模様、 お花畑のような柄

 

        いつもバッグに しのばせて 重宝しています

 


  

  

  

   藍さんです

 

   息子からの話で      おばあちゃん子のお話

 

   泣く子も多い中  歯の治療が   「終わったよ」の声かけに

 

   すっと4才の男の子が 椅子から降りて 両手を 広げ

 

   「フゥ~ 極楽 極楽」と云って 付き添いのおばあちゃんの元へ

 

   その場の皆さん   とても和やかな笑いに  包まれたそうです

 

 

IMGP1559.JPG

 

   

   今年は ねずみ年     干支の模様の藍染です

 

    お蔵の壁を  かじったのは  誰でしょうか?

 

    松竹梅の模様も  探してみて下さいね

 

    おばあちゃん子の  4才の男の子の雰囲気でしょうか?

 

      

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 23:10│この記事へコメントを書く/見る(3)
トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 松と竹   

 はじめまして!
 
 遊さん いろとりどりのぽち袋  とっても綺麗 
 ですね いつもバックに忍ばせていらっしゃるな

 んて素敵です 私も憧れます

 藍さん

 マルチュウのお蔵洒落てますね!
 
 夢のある来年の干支を楽しみにしています

 松竹梅を探すのも楽しかったです
2. Posted by われもこう   
昨夜はお月様が
恥ずかしそうに
雲の陰に隠れてしまって
いましたね。

時折、姿を現すお月様を
見つけると、何だかとっても
嬉しい気持ちになりました!

遊さんの子どもの夢模様の小袋、
遊び心がたくさん詰まっていて
可愛らしいですね。

藍さんの大工さん、
躍動感と力強さ、職人さんたちの
仕事に対するひたむきな感じが
ひしひしと伝わってきました。

きっと、遊さんも藍さんも
数々の作品に囲まれて
生活をなさっているのだろうな…
と思うと、とても羨ましいです。
3. Posted by 梨ラックス   
お元気ですか?
姉妹のお部屋へ訪れると
子供の頃の 風景が ファッ〜っと
蘇ってきます 田圃のあぜ道の 彼岸花
大きなお屋敷の 古いお蔵
懐かしいです…
兄妹や従兄妹ご近所の子供たち
みんなでよく遊びました(#’〜’)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔