2010年07月

2010年07月21日

元気になったら!

遊さんです
昨年夏に 転倒して以来 四ヶ月程続いた車椅子の
生活で 不自由な歩行が尚不自由になりました

結さんの付き添いでの月に一度の病院も 無理に
なってしまい 理由を話して お薬のみをもらいに
行ってもらうようにしましたが
お医者様からは「また元気になったら診察にいらっしゃい」との事
それを聞いて 遊さんは一瞬 ポカン! 
そして私の場合杖をつきながらでも 病院に行ける様になってからの意味かと 納得しました

元気な人は病院には 行きませんものね

遊さんなりに結さんに付き添ってもらい
杖をつきながらも通院が出来るようになったら
どんなに嬉しいことでしょう

お医者様の「元気になったらいらっしゃい」の
一言はひととき楽しい時間をもたらしてくれました


何時もコメントを下さる皆様 暑さの日々
どうぞお元気でお過ごし下さい




手のひらにのるくらいの 小さな
可愛いサイズの花器に
水引草をスイと 入れました

勢いもよく 水上げもよく
優等生の水引草です

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 13:53|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)このブログ「姉妹の和」のトップへ

2010年07月01日

凪(な)いでいる海

遊さんです

子供の頃 暑い季節になると駆けて七、八分ほどの
浜によく行きました
砂地や浅瀬も殆ど無い浜辺ですが
そこで裸足になって遊びました

男の子は泳ぎましたが 女の子は危ないと注意されて
いました

高い高い堤防には 打つ波が当たり どこまでも
続いているように思えました

そういえば 大人になったら堤防に登ってみたいと
何時も思っていた記憶があります

やがて助けられながら 堤防にこわごわ登り
腰をかけることが出来ました

遠く霞む伊豆半島の山々 右方向には岬 太平洋に
続く湾の先も霞んで見えました

この眺めに何とも嬉しい心地でしたが 堤防の高さは
恐ろしく思えた事でした

その時の素晴らしい凪(なぎ) 
何十年経っても 富士山や伊豆の山々の姿が
くっきりと目に残って居ます

海は恐くて  優しいのです


ひょいひょいと 凪の海面(うみづら)歩こうか
       笑い合いたる遠き日もあり




藍さんのお庭の ヤマボウシです
ヤマボウシは 上からでないと
お花が見えないのです






■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 17:21|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)このブログ「姉妹の和」のトップへ