2009年06月

2009年06月30日

ドクダミ茶の素

藍さんです

今 真っ白な十字形のお花をつけているのは

ドクダミです

この命名のためか 葉のにおいが少々強いせいか

雑草として嫌がられている感が ありますが...

ドクダミの葉は 藍さんの大切な人のための 大事な植物です!

姪の連れ合いの健康のために ドクダミ茶の素として

せっせと摘んでは干し 摘んでは干し 二千枚以上の

葉をきれいに 乾燥させて 細かく切って 送りました

何年か前までは 彼のお母さまが ドクダミの葉を摘んでは

干して下さっていたようですが 旅立たれてからは...

藍さんが摘みましょうと 心をこめて 春の嬉しい仕事に

致しました

「骨身を惜しまず」とは 母から教わったことです

藍さん ドクダミ

健康の支えに なりますよう!!

 

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 11:59|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年06月25日

お久しぶりです

藍さんです

しばらくの間 お休みをしましたが

紫陽花のこの季節に またブログのペン?をとりました     

嬉しいことです...  

遊さんのお庭の紫陽花の美しい映像がありましたが

今日は 藍染めの紫陽花を ご覧下さい

藍さんの紫陽花藍染め

雨模様に 映える紫陽花たちです

もう少し大きくしましょうか

藍さん 紫陽花 拡大

花たちの お喋りが聞こえてきそうです

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 15:36|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(6)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年06月24日

読み聞かせ

遊さんです

或る折に長女が「子供の頃 読み聞かせてもらったイソップの

『柿ぬすびと』では 本当に食べたこともないほどのやわらかな

甘い柿をいつも思い浮かべていた」と話しました

「かき」という発音が それは美味しそうに聴こえたそうです

私はどんな口調で読んだのでしょうか?

次女が具合が悪くて休んでいる枕元で「幸せの王子」を読んで聴かせた

ことがありました

街角にキラキラ美しく立つ王子様の像が 困っている子供に授けるため

燕に我が身の金箔を運ばせているというところで

暖かな南の国に帰りそびれてしまった燕がとうとうたおれ

王子様の像もくずれ落ちてしまい..とそこまで読んで私も涙ぐみ

次女も目をうるませていて ああ 熱が上がってしまうかもと

慌てました

どうも私はのめり込んでしまう様です

長女が幼稚園児の時に 創元社より出版された世界少年少女文学全集を

小学4年生で全巻揃うことを楽しみに 毎月一冊ずつ購入しました

届くのがとても嬉しかった良い思い出です

阿部知二・川端康成・坪田譲二などの和訳も充実していました

今も本箱にきちんと並んでいて 高齢者になった私もまた読もうかと思って

います

端午の節句柄

日本昔話風の柄の 友禅紙で作りました

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 17:11|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(6)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年06月23日

おやすみなさい

何歳頃から躾けられたものかわかりませんが

きっと片言が言える様になってからかと思います

夜 着替えてからお正座して神棚を仰ぎ「神様 おやすみなさい」」

隣室に行って「仏様 おやすみなさい」 

それから居間に居合わせる大人達や母に「おやすみなさい」と

挨拶をしてから布団に入っていましたが やがて小学校高学年に

なると やれやれ宿題が終わった! 早く布団にもぐり本を読みたいと

ばかり 「かみさん おやすみ」仏様には「おばあちゃん おやすみ」

と早口で...居合わせた大人や母には頭を軽く下げ 「友達に挨拶する

ようだ」とよく笑われました

姉、兄、妹(藍さん)はどうだったのか 思い出せません

私だけかもとも思いますが...

 

神様を「かみさん」等と大変不遜な子供でした

 

今日この頃になるとゆっくり丁寧に「おやすみなさい」を言いたくても

まわりはもう逝かれて声には出さずの挨拶になりました

成り行きとは言え 寂しいことです

庭の紫陽花

我が家の庭の片隅に 静かに

光るように咲いていた紫陽花です

水揚げもよく長く楽しんでいます

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 17:50|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(3)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年06月12日

お稲荷さん かくれんぼ

遊さんです

育った家の裏庭のすみには お稲荷さんを祀った祠が

ありました

庭でよくかくれんぼ遊びをしましたが 山桜は大樹ではなく

隠れきれません

まわりこんで祠の裏側に小さくなって隠れるのですが

すぐに見つかってしまいます

何故かといえば 此処に隠れると おきつねさんの尻尾が

くっついてしまうからと...よく笑い合いました

 

遊び友達の一人は 大人になってから 長く床に着く病に

かかりました

午前中の一、二時間は読書を許されて 優しいご主人は

楽に読めるようにと 書見台を作りました

その時間は嬉しく幸せだと 友は言いましたが 亡くなりました

まだ 二十代の若さでしたが..

 

長女が朱色の小さなつぼみをたくさんつけた石榴の枝を

持ってきてくれました

次の日 長女の友人が一枝の茱(ぐみ)をくれました

私は実は食べませんが この季節にふさわしい枝です

 

小雨がよく降る此の頃 窓際を眺める楽しみです   ありがとう

 

ぐみ

赤く色づいた茱(ぐみ)の実が

宝石のようです

 

 

 

 

 

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 22:51|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年06月05日

母のこと

遊さんです

ふと思い出したこと...

亡母は子供の折 母親から「私が亡くなっても逢いたくなったら

五百羅漢様に詣でると きっと似たお顔が見つかる」と

聞かせられていたそうです

亡母は大人になっても 母親に逢いたくなると

羅漢様を一体ずつ探してよく似たお顔に出逢い よく涙を流した由

 

私は毎朝 お水とお茶を供えて母の写真を 眺めます

今は 写真が何枚も有るのが嬉しく 有り難い事に思えます

 

それでも何時か 五百羅漢様に詣でたいと考えています

 

さて...それにしても 私は母に 芥子粒程も

孝養を尽くしたのかな..と 反省しきりです

 

紺矢絣の友禅紙箱

鮮やかな矢絣の友禅紙が 手に入りました

藍さんの作ってくれた竹のつまみを付けて

葉書大の小物入れが 出来ました!

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 11:01|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ