2009年03月

2009年03月22日

iいつの間にか 春

遊さんです

先夜、長女からお月様が きれいだから

見ましょうという誘いが ありました

 

靴を履くのが億劫に思い 暗くなってから

外に出るのもと 明晩の満月を仰ぐからと

ことわると

明晩は曇りかも..と言われ 気持ちをとり直し

庭に出ました

 

本当は月を仰ぐのは 大好きなのです

美しい光りで嬉しく大満足しました!

 

案の定 翌晩は曇りで月も星も 窓から見えません

でした

(また私は 二月の高い空に 刷毛目の様に浮かぶ

欠けた昼の月を 仰ぐのも大好きです)

 

      短歌を 一首

 

おぼつかな 身を娘(こ)に寄りて 庭に出で

吾身草樹も 光りを受けぬ 


I緑長箱に黒地友禅紙

和菓子の入っていた細長い箱に

花文の友禅紙を 貼ってみました

 

 

 藍さんです

春になると 思い出します

お隣りとの塀の上に キビタキ(黄鶲)が 飛来して

曇ガラスに映る自分の姿に 好みの相手を

思うのでしょうか  

1m50cm位を 体当りをし また塀に戻って..と

4、5回繰り返して 飛んで行きます

 

ある日 勢いが強すぎたのでしょうか

下に落ちて動かなくなりました

そっと紙を敷いてのせ 後でお片づけをと 

思って居りましたところ いつの間にか

いなくなりました

脳震盪を 起こしたのでしょうか  良かった!

 

また やってきましたが   同じ鳥だったのでしょうか 

藍染め 桜

いっぱいの桜の開花を

思って...

桜の花たちを 藍染めにしました

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 18:13|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(0)
トラックバック(0)短歌…詠んでみました │このブログ「姉妹の和」のトップへ

2009年03月13日

花を 思う...

 遊さんです

三月になりカレンダーをめくれば 藤色のやさしい縁取りの

絵柄です

今年の二月は梅見をしませんでしたが 

桜花を眺められるのも間近です

以前の梅見を 思い出しました

何十年も前になりますが あるご老人の邸宅に伺いました時

広いお庭に 梅の木が力強く両横に枝が広がり 

それは見事に白い花が わぁっと盛り上がり迫る感じで

咲いていまして 驚いたことがありました

枝の中の数本は 樹皮だけで花をつけていました

ご老人は「これは 江戸中期の木かな」とおっしゃいました

背景には泰山木が距離をおき 梅の古木を守るように

立っていました

木の根元には 筆文字で「臥竜梅」と書かれた板が 

すっと立てかけてありました

「ああ 生き抜いているのだ」と感じたことでした

三年ほど前の梅見は 通院の送迎を頼むのですが

或る時「次の辻を左折ね」と言ひ それは私の間違いで

景色が違うと気がつけば 行き止まりで空き地のような

すがれた畠のような地でした

その畠にも見える隅に 一樹の白梅が立って花を

ほころばせて居ました

梅林も嬉しいものですが 一樹の梅を眺めて更に嬉しい

ことでした    気の重い通院に梅見が出来ました

ボランティアさんには道の間違いを謝りながら ゆっくり

Uターンをしてもらいました

これは 怪我の功名といえますでしょうか...

 たねや 長六角箱 ふた貼り

お雛様のお菓子が入っていた和菓子の箱です

ゆったりした六角形の箱のふたは桃の色の無地

でしたが 三種の友禅紙を並べて貼ってみました

藍さんから送られてきた覆輪(ふくりん)の

細い鹿の子の紙をアクセントに 貼りました

桃のお花達の 華やいだ可愛い声が 

きこえてきそうな気がします

 

 

 藍さんです

藍さん特製 奈緒の眼鏡ケース

姪の娘の注文で 作った眼鏡ケースです

彼女から送られた好みの布を 使って..

お気に入りのようで 嬉しいです 

  

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 17:25|この記事の個別ページこの記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき │このブログ「姉妹の和」のトップへ