2012年08月04日

子供のころの遊さんの夏休み

遊さんです

もう学校は夏休みですね

蝉の声を聴きながら もう遠くにかすんでしまった
遊さんの夏休みの頃を思い出しました

小さい頃 家の近くには神社があって大樹が境内を
おおって涼しい日蔭になっていました

女の子達は夏休み帖の宿題をすませると
決まって おもちゃやお人形そしてゴザを持って
神社に集まります
地上に盛り上がる松の根に腰掛けたり
その根を小さな家に見立てたりして遊びます


男の子達は遊さん達よりも早い時間にやってきて
木に登り縄を編んだりしてハンモックのようなものを
作って枝に掛けているのです

そして「山が見える 海が見える 学校だって見える」と
大声で自慢です



遊さん達は午後は浜で遊ぼうかと楽しくていますが
そこへ 木の上からスルスルと平籠が目の前に
降りてくるのです
平籠には高学年の男の子達の命令書きと何銭か(額は
忘れました)がのっています
アイスキャンディーを買ってこい そして図々しくも
溶けないよう往復走れとも

遊さん達は何百米か走って(正直に)買いに行き
アイスキャンディを籠にのせると
スルスルと上手に糸が手繰られて上がって行きます

遊さん達は本当に素直でしたね


思い出すと笑えます



それからまた遊さん達は息を弾ませて
松の木の根元で遊ぶのです



あのころの男の子達はまだ元気でしょうか

きっと戦争に行ったのでしょうか




変わらないのは神社のお宮様の大樹です





遊さん達もできればあのハンモックに登りたかった
けれど...



013

 この暑さが少しでもやわらぎますように
 
ガラスの灰皿に水を張り 能登の浜辺で拾ったという
不思議な青い小石と貝がらを入れてみました

     いくらか 涼しくなりましたかしら



■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 17:35│この記事へコメントを書く/見る(5)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まつむし草   

遊さん

夏休みの思い出

ワクワクしながら 拝見させて頂きました

広い樹木の木陰で皆とすごす時間

自然の風は 優しく涼やかだったことでしょうね

みんなの遊び場 本当に豊かな世界ですね

私は 近くの神社での夏祭りが思い出されました

ありがとうございました

お水の中の 貝殻さんと青い石が涼やかで

涼を 戴きました ありがとうございます

遊さんも どうぞお体にお気をつけて

お過ごしください
2. Posted by とこあいこ   
遊さん

リクエストにお答え頂きましてありがとうございます。

私もまつむし草さんと同じでわくわくして、読みました。
神社も、大樹の様子も想像いたしました。
するすると下りてくる平篭も、(用立ての用件がかいてあるのに…)何が書いてあるのかしら?とワクワクします。

ゲームが子供の昨今の遊びになっているのを考えると遊さん達の遊びは、素敵ですね!

男の子達は戦争に行かれたのでしょうか。
8月ですね。

ガラスの灰皿も涼しげですね♪
本日、雨が降るようですので、涼しさを運んでくれると良いのですが、
気温差が激しいので、お体お大事になさって下さいませ!
3. Posted by 遊さん   
まつむし草さん

ワクワクしながら読んでいただき
うれしい思いです

本当に遠い昔の思い出ですが
ふと思い出しました

まだ時間がゆっくりと動いていた頃の
お話です
4. Posted by 遊さん   
とこあいこさん

遊びにきていただき
ありがとうございます

小さかった遊さんのように
夏休みの遊びを ブログで
楽しんで下さいね

この暑さに 何か涼しそうなものを
お部屋に置くのも いいですね
5. Posted by らぶれっど   
遊さんへ


遊さんの子供のころの夏のお話…目に浮かべながら読ませていただきました。

遊さんたちの声が聞こえてきそうです(^o^)/


今は…神社の大きな樹にハンモックを創って遊ぶなんて光景は…見ることはないのでしょうか。


古きよき素晴らしい光景ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔