2012年06月29日

なでしこ

遊さんです
梅雨とはいえ こちらは爽やかな日が続いています

庭の河原撫子が3.4本すっと伸びて小さな蕾をつけました
昨年 藍さんが送ってくれたものです

細い細い茎ですがもっと手入れをすれば太さが増したのにと
ちょっと可哀想に思いました(遊さんはかがむのが危ないのと
プランターの土も固くなっているし...仕方ないことかしらと
言い訳の遊さんです)

でもなでしこのお花を見るのが楽しみで待っていましたら
ようやくかわいいお花を見せてくれました


以前住んでいた街の西方に広い川が流れていました
昔々はその河原一面に白とピンクの河原撫子が季節が
訪れると咲いていたようです
その土地のお話を聞いたのですが
遠い平安時代に或る貴族がざん言によって遠く東国に
配流になり その姫様が父を慕い追って旅に出られたとか

ところがか弱い身でとうとう途中で病に倒れ その川のほとりで
亡くなられたそうです
するとそれから毎年河原一面に撫子が咲いた由
土地の人々が姫様を哀れんで 小さな塚を作ったとか...


その川の辺りはなでしこの名の地名になっていました

心ひく昔のお話です


005

ふうわり咲いた河原撫子3輪

赤いお花は 母の好きだったゼラニウムです

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 10:13│この記事へコメントを書く/見る(4)
トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とこあいこ   
遊さんこんばんは

撫子のお話、
切ない、けれど人の
優しさを感じるお話でした。

遊さんの家の撫子は
お元気でしょうか?

我が家では、今年、
向日葵を育てています。
(我が家には、元気な二人の姉妹がいます)
姉妹に合う花です♪

ところが、6月中旬の
予定外の台風で全て倒れてしまいました。

しかし、ここ数日の梅雨らしくない日差しによって、立ち上がってきました。
しなやかさに感心しています☆


撫子は可憐で守ってあげたくなる花ですね。

遊さんの撫子の様子も気になるところです。
2. Posted by 遊さん   
とこあいこさん
遊びに来てくださりありがとうございます

とこあいこさんのお宅のひまわりさん達は
お子様達の可愛いお元気なパワーをもらって
きっとしっかり成長することと思いますよ!

遊さんの撫子は 河原撫子(かわらなでしこ)ですがお写真にありますように 細々ながら
凛と咲いてくれています

ご心配頂いてありがとうございます

またどうぞお越し下さいね
3. Posted by らぶれっど   
遊さん


撫子…私にとっても思い出深いお花の一つです(^w^)


子どもの頃に住んでいた市のお花が『なでしこ』で、朝顔や向日葵、バラなどの次に覚えたお花だった気がします♪


今でも道端やおよそのお宅の花壇に咲いている可憐な撫子を見つけると、なんだかとても嬉しくなり、あたたかな気持ちになります(*^o^*)


遊さんのおっしゃたていた河原撫子にまつわるお話、心にしみました…。
4. Posted by 遊さん   
らぶれっどさん
コメントをありがとうございます

撫子 本当に懐かしさを覚えるお花ですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔