2011年06月23日

梅雨の晴れ間に

遊さんです
文字通り梅雨の晴れ間です
ますます色濃さを増した窓の向こうの樹は
きらめいています

この梅雨の晴れ間の午前 神戸の或る施設に
入所の友人は 日毎に訪れる一人娘さんに
車椅子を押されながら 広い芝生の庭で
どんな陽を浴びていることでしょう


故郷の同級生のお玄孫さんは昨夜の電話で
1年生になって初めての運動会があると 
伝えてくれました
今頃 白か赤の鉢巻を締めて並んでいる時間帯で
しょうか


長野のりんご作りの友人の地も 晴れているので
しょうか
作業では 和手拭いをかぶると 言っていましたが
タオルより 和手拭いが良いとのこと


岡山県の北部に住む甥夫婦は畠にでて どんな
作業をしているのでしょうか


藍さんは 今日は藍染めの日で どんなデザインの
型紙を彫っているのでしょうか


こんな晴れ間に 身体を動かすことは
素晴らしいことです

母のお墓にも きっと陽が射しているでしょう
と 思いを巡らせます



遊さんは 戸の向こうの生垣の緑を嬉しく見つつ
今日は何をしようかと 考えます



亀甲の落ち着いた色の四角な小箱と

やさしい色模様の丸い小箱





■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 15:27│この記事へコメントを書く/見る(0)
トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔