2011年03月31日

せんだんは双葉より芳し


遊さんです
三月も今日でおしまいですが 
この月は 本当に思いの他の震災に見舞われました

様々な思いを持って 日々静かに過ごしていますが
被災者の方々が一日も早くもとの暮らしに
戻ることが出来ますよう 心より
お祈りいたします



三月に入るとかつて通った小学校と女学校から
同窓会の通知が届きました

昔々の遠い頃の知らせに 懐かしさより
少しも考えてもみなかった浮き上がるような
気分になりました

どちらも遊さんは行けませんので 欠席の返事を
出しました

小学校の同級だった人から 当日の写真を送ろうと
電話がありましたが 七十年近くも経っているので
きっと誰が誰だかわからないかも知れません

あの小学校は 今 どんな佇まいになっているので
しょうか

何故か理由はわかりませんが グランドの
丁度真ん中に 大きなせんだんが立っていました

何故 広い運動場の真ん中に植えてあったので
しょうか

「日本の樹木」の図鑑では 花期は五月六月の
ようですが 小学生の時は六年間 
気がつきませんでした

せんだんは双葉より芳しという言葉がある様ですが
そのせんだんの樹でしょうか

とにかく遠い思い出の小学校に 栄えあれと
エールを送ります





いただいたアミガサユリです

春を告げるお花のごとく
ひそやかに つつましく咲いて

下さった方を 思われます











 
■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 18:39│この記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まつむし草   

遊さん

いつも拝見させて頂き ありがとうございます

本当に 思いもかけない震災に見舞われ
 
言葉もなく ひと月がすぎようとしています

被災地の方々が 一日もはやく もとの生活に

戻られますよう 心からお祈りいたします


せんだんの木

広いグランドの真ん中に 青々とした豊かな葉を

繁らせてくれていたのでしょうか

木陰の風を運んでくれたのでしょうか

わたしは鎌倉のお寺で せんだんと名札のある木を

みたことがありました  その時

せんだんは双葉より芳し..を 思い

あの木なのかしら と 初めて この木に出逢った

気がしたことを 思い出しました

また お伺いさせて頂きたいとおもいます

ありがとうございました
2. Posted by 遊さん   
まつむし草さん
コメントをありがとうございました

小さな頃の学校の思い出です
何故かせんだんの木だけが 深く記憶に
残っています

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔