2010年12月27日

自然の恵み

遊さんです
病院への送迎の車から車椅子に移った折
少し冷たい風が吹いていたので 遊さんをおろして
駐車場へ向かう送迎ボランティアさんが
待つ間に寒いので大丈夫かなと案じてくれました

遊さんは「雨風あたらず年令を重ねてきたから
少し位は風に当たったらしっかりして来るかも」と
冗談を言い ボランティアさんは笑顔で駐車場に
向かいました

診察が終わると お医者様から 紫外線には
出来るだけ当たるようにと注意があり
今日は久しぶりの外出で雨風、紫外線と自然の
恵みの言葉にふれたなと少し楽しくなりました

雨に濡れるのはご免だけれど 年を越せたら
庭に出て風に当たり 冬の陽もたくさん浴びましょう

昔々 友人達と歩いていてにわか雨に逢い よその
軒先で雨宿りをしながら 只々すっかり濡れて
それをお互いに指差しながら大笑いした事も
あったのを思い出しました

にわか雨に逢い濡れて駆け込んだ...ただそれだけが
どうしてあんなに嬉しそうな大笑いを呼んだので
しょうか
年令の離れた姉からよく「笑い過ぎると行儀が
悪い」と注意されると 亦それがおかしくて
笑い出すのです
本当に伸び伸びし過ぎて だから身長もぐんぐん
伸びたのでしょうか




クチナシです
知り合いの方に いただきました
実の色の 美しいこと...


■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 07:15│この記事へコメントを書く/見る(0)
トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔