2010年08月13日

八月のある日


遊さんです

素晴らしい青空に 驚くばかりの大きな入道雲が
わいている日  写真の整理を少ししました

七つボタンの亡夫の写真が まさにセピア色を
帯びていました

いま一枚は航空帽の 立ち姿 これもやはり
色が変わっていました

原爆が落とされ そして終戦の日がよみがえる
八月がまためぐってきました


銀河機を操縦したる若き亡夫(つま)
古希過ぎし後 天空に 還りし


雲の峰 逢いたき人々 その彼方

涼風の未だ遠かり 雲の峰
■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 07:55│この記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 秋野もみじ   
遊さん
何時も ブログを拝見させて頂いています
この夏は猛暑という字の如く 大変に厳しい
暑さに襲われている毎日ですね

ブログを拝読しながら 遊さんのお若い頃の
時代というものを なんとなく感じられています

八月に詠まれた短歌、俳句は心に深く沁みております
ではまた
2. Posted by 遊さん   
秋野もみじ様
嬉しいコメント有難うございました
コメントいただくたびに 気持ちがあたたかに
なります
言うもおろかな暑い毎日ですが おかわり
有りませんか

折角四季ある国のこと故 次の季節に早く
移らないものかと後期高齢者は願っています

短歌 俳句を良いようにおっしゃっていただき
まして 嬉しいのですが 只々言葉を並べるだけ
ですので 短歌とも俳句とも言えるものではなく
コメントを拝見して嬉しさ恥ずかしさ半々です
でも有難うございます

「では亦」と有りましたので それも亦
何となく嬉しくなりました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔