2010年05月30日

日の出 遊さんです

六十年程前の ある思い出です
山深い夫の生まれた地で...何日か毎朝曇り空が
続きました

何故 朝はこんなに曇っているのか不思議な気持ちで
いましたが 朝食の折思い切って聞いてみたことが
あります

舅、姑、義姉夫婦、義兄夫婦が遊さんの疑問に
笑い出しました
それにつられてか幼い甥達二人も 笑いました

義姉は笑いながら「陽は山の向こうから昇るのだから
日の出はまだ遅いのだよ」と話してくれました

二十歳も過ぎていたのに 単純な幼い遊さんでした

遊さんは海近くの生まれです
海からの日の出しか知らなかったのです

海辺育ちの遊さんは そこで一生懸命頑張って
駿河湾の日の出を 話したのでした

水平線からお日様が少しづつ顔を出して
海一面がキラキラ輝き出し だんだんと波頭も
キラキラして 彼方に見える富士山も輝き出すことを

あの時のあの頑張って話したことが 思い出されます

舅姑達皆が そんな遊さんの話を 笑顔で聞いて
下さいました

小学生の甥達は「行ってみたい」と言ってくれ
姿勢の正しい少しこわい感じだった舅は 
思いがけなく「可愛い嫁じゃのう」と
笑いました

懐かしく嬉しい舅の言葉です

海も山地も 誰でも早く簡単に行ったり来たり出来る此の頃です
ふと あの檜林にも杉林にも 入ってみたいと
想像します


あの山の 端から日の出始まると 
         離れ家の窓 開けくれし姑 



夫の作の鎌倉彫り
それから まだ絶えないでいてくれる
木賊(とくさ)を 数本
■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 11:54│この記事へコメントを書く/見る(2)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まつむし草   

遊さん

ブログを拝見させて頂きありがとうございました

とても温かな気持に包まれました

お舅様の ひとことの言葉の なんと素敵なこと

でしょうか

温かな素敵なご家族に囲まれた遊さん

遊さんは本当に素敵な方。。。と思います

遊さんのお歌とご主人様の作品素晴らしいですね

ありがとうございました

寒暖の差の大きい近頃

どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ













2. Posted by 遊さん   
まつむし草さん
コメントをありがとうございました

これは 本当に 遠い遠い思い出です

ふと思い出したことでした

一生懸命話した遊さんがいじらしいような
いとおしいような...気持ちです



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔