2010年02月19日

お地蔵様

遊さんです

 

小学生のころです

人通りが殆どないうす暗い細い道半ばに

大きな椿の木が 何本か立っていました

少し地所が盛られて一寸うす気味わるい雰囲気でしたが

赤い赤い藪椿が ポトポトとたくさん散るのをいっぱい

拾ったものでした

夏になると男の子達は 蝉取り とんぼ取りに大きなモチの木の

ヤニを取りに行き亦急いで帰ってきます

其処は墓地らしくドッチボールくらいの石が欠けたりして

散っていました

道の反対側には小さなお堂が建ち 御縁日もありました

のし餅のように伸ばした白い飴を 「おとさん」と呼ばれていた

おじさんが小さなノミでトントン細く砕くのが 面白くて

いつも眺めていました

口に入れるとほんのり甘くすぐ溶けました

痰切り飴といいました まだ続いているのかな?

その小さなお堂を 「爪切り地蔵さん」と呼んでいたのですが

大人になって大きな間違いに気付きました

「罪切り地蔵さん」だということです

昔々隣の城下町から 罪人が運ばれそこで処刑されたそうです

その人達の供養のための小さな墓地だったのです

 

今は開発されてしまったでしょうか

もう何十年もその道は通らないので 

やっぱり「爪切り地蔵さん」が馴染みの呼び名ですね

 

大きな大きな藪椿が目に浮かびます

 

侘び助一輪

    侘び助 一輪  

    掌にのるほど小さな花器に挿して

 

 

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 12:10│この記事へコメントを書く/見る(0)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔