2010年01月31日

洋裁師 そして姉様人形

遊さんです

小学五年生位の頃

母が 藍さんと私にお揃いのブラウスを

作ってくれました

色柄はとても気に入りましたが 当時誰も

着ていないようなふっくらしたお袖に

「少し目立つかしら  恥ずかしいな」と 思った

ことを覚えています

 

でも 学校に着ていきましたら 皆に 素敵!と言われ

心配は吹き飛び 一寸自慢な程でした

 

母が笑いながら話してくれたことですが

見知らぬ女性が 子供服を注文しに来たことが

あったとか...

洋裁師と思い込まれたそうです

可愛い生地で私達姉妹のために がんばってミシンを

踏んだことなのにと語った母でした  

終戦前の遠い日のことです

 

母は何でも手作りしてくれました

秋には とうもろこしの薄皮で 姉様人形を

作ってくれたものでした

お顔も日本髪もとうもろこしの皮から

美しく仕上がっていきます

時には 障子紙を金火箸で巻いて

絞(しぼ)を作り これも姉様人形の日本髪になり

それはそれは可愛く 今でもはっきりと

印象深く 心に浮かびます

 

藍さんは 母の器用さをそっくり受け継いだようです

 

お香箱に友禅紙赤

お香の空き箱に ふたを作って

小箱が1つ出来ました

これも 好きな柄です

お香の小箱 赤ふた開け

ふたを開けると よい香りです

 

  

 

■ いつもコメントありがとうございます
コメントを書いていただく前に…
ブログランキング上の「姉妹の和」の順位を見ていかれませんか?
(上のリンク文字をクリックすると確認できます。順位は30分に1回更新されます。)


遊さんと藍さん/姉妹の和 at 07:16│この記事へコメントを書く/見る(4)
トラックバック(0)姉妹のつぶやき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 秋野もみじ   
遊さん
お久しぶりです
ブログは いつも 拝見させて
頂いています

遊さんのブログは 優しい雰囲気
ですね

お母さまの指先から生まれる
思い出深いお洋服や姉様人形は
どんなに心踊るものでしょうと
想像します

お香の箱からは 芳しい香りも
感じられるようです

2. Posted by 遊さん   
秋野もみじさん
お目に留めて頂き 嬉しいです

ゆっくり過ごす毎日の中で
小さい頃の思い出が はっきりと
思い出されることも 不思議です

また ご覧下さいね
3. Posted by 横浜 英子   
遊様と藍様が仲良く学校へいらっしゃるお姿が目に浮かぶようです。お母様お手製のブラウスなんて羨ましいです。私には母の手作り・・・の思い出は少ないので。きっと商売をしていたので忙しかったのでしょう。そのかわり和裁の得意だったおばが色々作ってくれました。中でも子供が生まれた時に作ってくれたねんねこ半天がお気に入りでした。ちょうどこのブログのような生地でした。おばが昔着ていた着物だそうです。ふとそんなことを思い出しました。手作りの品は温かくうれしいものですね。ここのところ冷え込みが厳しいですね。どうぞおだいじになさって下さい。
4. Posted by 遊さん   
横浜英子さん
温かい手作りのものを
頂いた嬉しい思いは
忘れることが出来ませんね

おばさまのねんねこ半天
温かかったことでしょう

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔